FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛色の話ーーー三毛猫

毛色の話ーーー三毛猫

ネコの染色体は19対38本あります。そのなかの一組にオス、メスをつかさどる性染色体があります。
オスはXY メスはXXで表します。

赤の毛色の遺伝子(O)はX染色体に位置し オスの場合Xは1つですので、そこに(O)があれば赤を基本とした色に
(o)ならば黒を基本とした色になります。
またメスでは Xが2つあり、その両方に(O)があれば赤が基本色 (o)ならば黒系の色になります。
そして、それぞれのXに(O)と(o)がある場合には 赤系色と黒系色の色(トーティ)ができます。

さて X(O)X(o)の場合 被毛はなぜ赤系色部分と黒系色部分に分かれるのでしょうか?
それは 受精卵が卵割を起こしながら成長していく初期段階で それぞれの細胞内でXXのうちのどちらかのXが凝集し働かなくなります。これをX染色体不活化といいます。

そして、X(O)を持つ細胞と X(o)を持つ細胞は ますます分割し それぞれの働きによりパッチワークのように2色の被毛を持つメスネコとなるのです。

三毛猫はこの赤系色と黒系色に白が入った3色のネコです。

また、三毛猫のオスはまれですが、 XXYと性染色体が3つ組み合わさった場合。
X(O)Y と X(o)Y の2つの細胞が混じり発生初期の段階で融合した場合。
発生の途中にX(O)のOが oに あるいはX(o)のoが Oに変化した場合にオスの三毛猫になります。
前述一例は子供を作ることはできませんが、あとの2例は子供を作ることができます。


東京医療センター 服部 幸正さま より引用許可を頂いて掲載しています

久しぶりの更新です。本職あまりにも忙しくて、毎日遅くなり、猫達の食事、掃除、遊びその途中で寝てしう事もあり、途中で起きてまた頑張ります。
我が家の長老シー様もちょっと体調を崩してただ今強制給餌中。りらちゃんのお迎えも無事に終了してとっても大切にして頂いています。良かったね。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。